いくらなんでも35歳 もうアラフィフ編

いくらなんでも35歳までには結婚すると思っていた50代おひとりさま絵日記。

国境を守るという幻想

部屋でひとりコーヒーの香りに包まれていると
ふいに湧き上がるイメージ。

f:id:guchi35sai:20211024162028j:plain

ぐっち5●歳。
今後、兵士になる予定もないし、ましてや国境を守ることもない。(断言)

f:id:guchi35sai:20211024162140j:plain
~イメージが追加されました~

おそらく、むかし読んだ好きな物語が断片的に思い出されるのだろう。
都から遠く離れた地で国境を守る老兵士と青年兵士のお話。

タイトルが思い出せないのでググってみた。

 

f:id:guchi35sai:20211024162349p:plain

おお! 小川未明(おがわみめい)氏の「野ばら」でした。
国境地帯といえど、野ばらに集まるみつばちの羽音で目覚めるような静かな日々。ふたりの兵士の平穏な生活は、やがて両国間におこった戦争により終わりを告げる。

f:id:guchi35sai:20211024172107j:plain

でもまって。たしか私は小川未明氏の作品集を持っていたはず。

f:id:guchi35sai:20211024162643j:plain

あった~!数年前、棚の奥に片付けたんだ。

もしかして、野ばらも収録されていたりして?

 

f:id:guchi35sai:20211024170407j:plain

あら、ラストにちゃんと、しおりまで。(忘却)
なんだか記憶が定かではないけど
好きな作品が手元にあってよかった…と思った私でした。(-_-;)

でもいちばん最初に読んだのは、教科書ではなかったかしら…。(忘却の彼方)

 


人気ブログランキング

小川未明 野ばら著作権フリーの青空文庫のほか、
YouTubeでの朗読も多数あります。よかったらどうぞ。

f:id:guchi35sai:20211024172740j:plain