いくらなんでも35歳 もうアラフィフ編

いくらなんでも35歳までには結婚すると思っていた50代おひとりさま絵日記。

2016-06-21から1日間の記事一覧

クドカンの主張に付け加えたいこと

「心の思春期は生きている限り続く」「大人も間違える。だから、 他人の間違いを許せる大人になろう。」 先ごろ終了したドラマ『ゆとりですがなにか』で脚本のクドカンこと宮藤官九郎がいちばん伝えたかったメッセージのようだ。 どうりで登場人物たちが次々…