いくらなんでも35歳 もうアラフィフ編

いくらなんでも35歳までには結婚すると思っていた50代おひとりさま絵日記。

羽生選手の演技で貴重な体験

スポンサーリンク


羽生結弦選手のケガからの復帰戦となるショートプログラムにて。
本番でちゃんとジャンプを跳べるか心配で、テレビの前で力が入りすぎた結果…

 

f:id:guchi35sai:20180219183608j:plain

目に入った衣装のスパンコールを凝視した一瞬、
スパンコールになったような気がした。
近くで見守りたいという気持ちが高じたのかしら。あぶないわ。

 

勝手な想像だけど、ごく一般的なファンの私がこうなのだから
親御さんや身近な関係者はまさに「一緒に」滑っていたのかもしれない。
会場のファンも近いものがあったかも…。

私が心配するまでもなく、羽生選手は見事な演技を世界に披露したわけで、翌日のフリーは比較的安心して見ることができた。

 

普段からひとりで気ままに暮らしているので、誰かのために本気で祈ったり感情移入するのは貴重な体験だった。

羽生選手、美しくて力強い演技をありがとうございました☆彡 

押していただけると嬉しいです

人気ブログランキング
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ