いくらなんでも35歳 もうアラフィフ編

いくらなんでも35歳までには結婚すると思っていた50代おひとりさま絵日記。

【使用歴2年半】遠近両用コンタクトレンズで気づく

スポンサーリンク


f:id:guchi35sai:20171215175220j:plain

ド近眼の私も40代に入ってすぐ老眼になった。
ただ老眼が顕著なのは、コンタクトレンズ装用時のみである。
なので基本的に家ではメガネをかけている。

家でどうしてもコンタクトが必要になるのは、ヘアカラーの時だ。
裸眼ではほぼ見えないのでやむを得ない。

 

昨日のこと。カラーの待ち時間にゼンタングルを描くことにした。
最近使い始めたヘナカラーは、ケミカルカラーと違って数時間置く必要があるのだ。

f:id:guchi35sai:20171215180756j:plain

 

2015年春にデビューした遠近両用レンズ。
「遠くも近くもほどほどにしか見えない」という口コミが多かったが、
個人的に遠くはよく見える。確かに近くは「ほどほど」だ。

f:id:guchi35sai:20171215183241j:plain

 

f:id:guchi35sai:20171215180940j:plain

集中して作業を進めていると…

 

f:id:guchi35sai:20171215181013j:plain

ピントが合った。

自らピントを合わせれば、見えることに初めて気がついたのだ。
おそらく今までは漫然としか見ていなかったのだろう。
それとも、口コミを鵜呑みにして見えないと思い込んでいたか。

 

とはいえ、ピントを意識するのは慣れないと疲れるので、やっぱり細かい作業はメガネだろう。

f:id:guchi35sai:20171215182335j:plain

12/14のゼンタングル #ゼンタングル pic.twitter.com/ZpXs4gRzxm

思い込みを気づかせてくれたヘナに感謝。
ヘナについてはまたいずれ書きます。 

押していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ