いくらなんでも35歳 もうアラフィフ編

いくらなんでも35歳までには結婚すると思っていた40代おひとりさま絵日記。

アクシデントは続くよ2(完)

スポンサーリンク


アクシデントは続くよ1

負傷したのち、患部を少し冷やして落ち着いたところで片付け作業を再開したら…

f:id:guchi35sai:20170512181529j:plain

鍋つかみ用の押しピンを移動させようと場所を探すうちに、刺してしまったらしい。
もう、これは「油断スルナ」というお告げかと思い、しばらくは何ごとにも気をつけて生活しようと心に決めた。

 

それから二日ばかり経った、おとといのこと。
外出先からの帰り道で~

f:id:guchi35sai:20170512182014j:plain

沖縄に住む姉から連絡が。
その内容に思わずエッ?となった。

 

f:id:guchi35sai:20170512231326j:plain

姉はプロテスタント系のクリスチャンで「お祈り」は珍しいワードではない。
だが普段は自分から宗教の話はしない人なので、いまだかつて「あなたのためにお祈り…」的な連絡をよこしたことはない。

よほど私の身に危険が迫っていたのだろうか。。。あの小さなケガで済んのは姉の祈りのおかげかもしれぬ。

 

ところで、「祈るように示された」って…
どういうことよ?
と気になりつつ…宗教のことはわからないので「不思議だねえ…」とだけ言い、あとはお互いの近況を交わしてやり取りを終えた。

 

f:id:guchi35sai:20170512184011j:plain

姉とは疎遠な年月が長かった。
だから普通の姉妹のやり取りをするたびに不思議な気持ちになる。

満月を見上げながら、いろいろな奇跡を思った。

 

とにかく当分は気をつけようっと。
自転車の運転とか~自転車の運転とか。←苦手だけど最近よく乗る。 

押していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ

姉と普通に話すようになったのは30代から