読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いくらなんでも35歳 もうアラフィフ編

いくらなんでも35歳までには結婚すると思っていた40代おひとりさま絵日記。

【20代で再会】やっぱり許すまじ!

スポンサーリンク


f:id:guchi35sai:20170218135303j:plain

 

f:id:guchi35sai:20170218135606j:plain

 

f:id:guchi35sai:20170218135617j:plain

 

f:id:guchi35sai:20170218135627j:plain

バレンタインデー関連の記事で
疑問に思っている人がいるかもしれないのでもう一話。 

 

S江とは…私になりすましてラブレターを書いた「イタズラ女子」の片割れである。
U子とは違ってその後はクラスも学校も分かれ、交流がなかった。
高校卒業後、関西で美容師をしていることだけは聞いていた。

再会したのは20代の秋、お互い仲の良かった幼なじみを通してである。
S江が一時帰郷しているので集まろうと誘われ、一緒にディスコへ行った。

「S江、超久しぶり~♪」とその時は再会を喜び、楽しんだ。

 

だが後日、年賀状の返事がないことを
S江が不満に思っているらしい云々…を聞いた瞬間、
脳内でマウンドに立っていた。

 

あれから10年は経過していたものの、
やっぱりどこかに「許せない」という気持ちがあった。
私は律儀なほうだが…
再会した直後にS江からもらった年賀状には、返事を書く気がおこらなかった。

二度と会うこともないだろうし…
まっ、いいか!とうやむやにして今日に至る。

とはいえ、昨日も書いたとおり
美しい思い出に変換中である(無理矢理)。

関連記事
1.【早熟な小学生】バレンタインデーの思い出
2.【中学まで引きずる】バレンタインデーの思い出
3.【修羅場】バレンタインデーの思い出 
4.【天までとどけ】T君との思い出

押していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ