いくらなんでも35歳 もうアラフィフ編

いくらなんでも35歳までには結婚すると思っていた40代おひとりさま絵日記。

アイススケートの痛い思い出

スポンサーリンク


f:id:guchi35sai:20161126121229j:plain

 

f:id:guchi35sai:20161126112239j:plain

 

f:id:guchi35sai:20161126112920j:plain

 

f:id:guchi35sai:20161126114345j:plain

むかしむかし、沖縄に唯一のスケートリンクが出来たころ。
一度は滑ってみたいと当時の彼氏と行ってみた。

だいぶ慣れてひとりで滑っているときに
地味に尻もちをついてしまった。
たいした衝撃ではなかったはずなのに
壁をつかんでようやく立ちあがるほどの痛みだった。

一旦は痛みがひいたので
「さっき転んであまりの痛さに漫画みたいに指がカクカクして~」と
彼と笑いあっていたが、夜になってビッグウェーブ級の痛みが押し寄せた。
その後一週間ほど、おしりの痛みに苦しんだ記憶がある。

なのでスケート選手がジャンプに失敗して
結構な高さからリンクに叩きつけられても
すぐに立ち上がるアスリート魂に感動する。

☆今日のNHK杯フィギュアスケートが楽しみです!

押していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ