読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いくらなんでも35歳 もうアラフィフ編

いくらなんでも35歳までには結婚すると思っていた40代おひとりさま絵日記。

まぶしい年下の金髪男子さん

健康・美容

スポンサーリンク


白髪が伸びたので毎度お馴染みの美容室へ。

今日の担当はベテランの金髪スタッフさんだったので

仕上げのセットもかなり綺麗にキマった。

 

 

その金髪さんは

いつも陽気で機敏で技術も高くて

仕事に相当の自信を持っていることがうかがえる。

かといってそれを鼻にかけない爽やかな青年である。

 

 

さて終了後、街をブラブラ買い物をしていたら

金髪さんが買い出しする姿を見かけた。

店の外でお見かけするのは初めてだったのだが…

 

 

f:id:guchi35sai:20160309205759j:plain

 

ま、まぶしすぎて思わず隠れてしまったじゃないか。

あんなふうに生きられたらどんなにいいだろう…

年下である青年の姿から

自らを省みたぐっちなのであった。

 

 

シャンプー台で頚椎を痛めたことがきっかけで ネット検索し、この美容室に変えました。

フルフラットシャンプー台の美容室(関東)