読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いくらなんでも35歳 もうアラフィフ編

いくらなんでも35歳までには結婚すると思っていた40代おひとりさま絵日記。

リハビリにて心のなかで謝罪する

バレエ 健康・美容

スポンサーリンク


数カ月前から右膝を痛めて

整形外科の理学療法(リハビリ)を受けている。

 

 

ぐっちの担当である若くて可愛い先生は

バレエのことはよくわからないようだが

「ここ痛いですよね?(^^)」とスッ~と触ってくる筋が

本当に全部痛い。

 

ゆえに

アイドルのような容貌が邪魔しているが

かなり有能な先生だと信頼している。

 

ある日のこと

 

f:id:guchi35sai:20160309233015j:plain

 

 

f:id:guchi35sai:20160309233041j:plain

 

 

f:id:guchi35sai:20160309233054j:plain  

その瞬間

ひ~!スミマセン!と心のなかで謝ったぐっち。

今まで教えて頂いた

バレエの先生方に謝ったのである…。

 

もちろんバレエでは

内モモの筋肉・内転筋を使うことが

基本中の基本である。

それが未だに出来てないなんて!(゚Д゚)クワッ

 

 

アイドル先生(理学療養士)によると

「ぐちぐちさんは、内腿の筋肉が弱いですね。

なので内側を鍛えつつ~それをサポートする

腹筋とお尻の筋肉も使えるように鍛えましょうね

すると膝への負担が和らぎますよ」

とのことで

筋トレの宿題をいくつか貰っている。

(腿外の筋肉をほぐすセルフマッサージも習っている)

 

 

バレエは非日常的な筋肉を使っていると思いきや

日常生活にも共通しているのね…。

 

バレエもだけど

老後に向けて筋トレを頑張ろうっと。