読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いくらなんでも35歳 もうアラフィフ編

いくらなんでも35歳までには結婚すると思っていた40代おひとりさま絵日記。

父の心配ごと2

沖縄・家族

スポンサーリンク


 

f:id:guchi35sai:20160620164301j:plain


「ちゃんとアレをしてくれるか」と
父はあの世で心配しているよう。

もしかして
と~っても薄情な家族?( →_→)
とユタから誤解を受けたぐちぐち家。

キリスト教式の葬儀は
初めてなので
勝手がわからず戸惑った。

それはクリスチャン歴が浅い父も
同じだったのかも…。

キリスト教では、法要は義務ではなく遺族に委ねられる。
仏教での供養は成仏できるように、
故人があの世で苦しまないようにとの思いが込められているが、
キリスト教では死ぬこと=神のもとに帰ることであり、
喜ばしいこととして捉えられているため。

キリスト教における法事に相当する儀式の内容と意味

※そもそも「一周忌」は仏教用語ですがな