読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いくらなんでも35歳 もうアラフィフ編

いくらなんでも35歳までには結婚すると思っていた40代おひとりさま絵日記。

打ち上げこぼれ話-天国へ行ったお姉様

10余年ぶりの発表会☆奮闘記

スポンサーリンク


「任せなさいメイツ」の中でも
とびきりラインが美しくて
常に最前列で踊っていたお姉さま。

これまたとびきり美人でいらっしゃるのに
スローに繰り出す発言がいちいち面白い。

 

先日の打ち上げでも
本番の舞台で、ライトが眩しかったよね…
という話になり
お姉様が「そうなの …」と
ワインを片手にゆっくり話し始めた。

「そう…眩しかったから、
私…踊りながら思っていたの…
まるで天国にいるみたい だって…」

f:id:guchi35sai:20160623215531j:plain

お姉様は当時を再現して
「ここは天国?」とか
「私、天国で踊ってる~」と
笑わせる気で畳み掛けてきたので
私達も笑い転げてしまった。


そう言われてみれば私も
本番の記憶が飛んでいる中で
一箇所だけ
なぜか静止画像のように残っている。


それはカミテとシモテが向い合って
パッセで中央に進んでいくところ。
向かいに皆の踊る姿が見えた。

f:id:guchi35sai:20160623215515j:plain


みんな踊ってるなあ…
私も踊ってるし…
ああ、眩しいなあ…
いま本番なんだなあ…

なんてことを考えていたっけ。

確かにライトを浴びて踊る皆の姿は
眩しくて天国のようだった…かも。

 

そういえば旧ブログにも天国の話があった。

oekaki35.seesaa.net