いくらなんでも35歳 もうアラフィフ編

いくらなんでも35歳までには結婚すると思っていた40代おひとりさま絵日記。

会社員・フリー時代

ミスドのうらみはおそろしや

社史ライター時代の過去記事 ぐち子の知らない世界 新しいアシスタントに震えた案件今回は営業マン編です。 社史編さん業務が大詰めを迎えたある日、編さん室に出版社の営業担当&その上司がやって来た。 うわあ~気が利く!さすがは年季の入った営業マン! …

新しいアシスタントに震えた案件

昨日の記事ぐち子の知らない世界からつづきます。有能な青年の行動のうち、以下は推測である。 コピー機は別室にあるので実際にその場を見たわけでない。推測したそのわけは。

ぐち子の知らない世界

30代で地元にいたころ。ある大手企業に出向して社史の執筆にあたっていた。 出版社がひとりだけつけてくれたアシスタントの青年は何事にもこちらが求めた以上の仕事をしてくれて有能だった。

こんなうっかりは嫌だ

朝からリレー

わたしらしいセリフ

昨夜のこと。ちょうど上京していたK先輩と飲んだ。 K先輩は元職場の先輩である。かつて某企業の社史に携わっていたときわたしが書いた文章を校正して整える役目がK先輩だった。 現在は私的なブログとはいえ疑問があるとその都度調べなければならずそのありが…