読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いくらなんでも35歳 もうアラフィフ編

いくらなんでも35歳までには結婚すると思っていた40代おひとりさま絵日記。

中国人の羽生結弦愛を知る

好きなもの

本日の午後。
私は「四大陸フィギュアスケート選手権」の男子フリーが見たくてたまらなかった。
あいにく日本で生中継はなく、フジテレビで19時からの録画放送である。

19時まで待てない!というわけで、各国のネット配信を鬼検索した。
その結果、中国の配信だけが再生できて最終グループになんとか間に合った。

だがそれはまるで「ニコニコ動画」のように、視聴者のコメントもLIVE表示だった。
最初は邪魔すぎる!と思ったが、読んでいるうちにおもしろくなってきた。

 

f:id:guchi35sai:20170219194923j:plain

f:id:guchi35sai:20170219194910j:plain

どうやら羽生結弦選手は中国で「柚子(ゆず)」とか「牛」と呼ばれているよう。
「牛」は中国語で「ニュウ」と発音が似ているから…とググったら書いてあった。

キスクラの場面で「牛巨」ともあったので、貫禄がついてきたオーサーコーチのことかと思いきや…違っていた。
「牛」と「巨」は両方とも「すごい」という意味があり、「とにかくすごいヤツ」という最大の賛辞がこめられているとのこと。

続きを読む

【天までとどけ】T君との思い出

恋愛論

1.【早熟な小学生】バレンタインデーの思い出
2.【中学まで引きずる】バレンタインデーの思い出
3.【修羅場】バレンタインデーの思い出 つづきです。

あの気まずいバレンタインデーから三年後、またT君と同じクラスになった。
かつてお調子者だったT君は、限りなく「不良」に近いスカした男子になっていた。
真面目な私とはもはや接点もなく、思い出も一クラスメイトとしてのものである。

特におぼえているのは、クラス対抗・合唱コンクールでのこと。

 

f:id:guchi35sai:20170217121716j:plain

続きを読む